久慈地区斎場指定管理者 久慈広域葬祭業協同組合 TEL: 0194-58-3670 / FAX: 0194-58-3671

ご意見・苦情・お問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご用件の種類 ご意見・要望等 質問 苦情
お名前
メールアドレス
連絡先住所
電話
詳しい内容(*必須)

補足・その他

これまでにお問い合わせがあった質問など

質問:「お箸で拾い切れなかった細かな遺骨はどうなるのですか?」

拾いきれなかった細かな遺骨(残骨灰)は、いったん斎場施設内の保管場所に集められます。 年に数回にわけて青森県青森市の三内霊園内にある 高福寺(曹洞宗)の残骨堂に納骨されます。

高福寺では、年に一度(八月頃)関係者が集まり合同供養祭が行われています。 左の写真は、その遺骨が収められるお墓になります。

質問:「他の火葬場と比べ火葬にかかる時間が長くありませんか?」

当斎場の火葬炉の燃焼工程は、コンピュータにより管理されています。 しかしその工程を手動に切り替え、なおかつ出力を最大にすることで、火葬時間を短縮することは実現可能です。 しかしその操作を行うことで施設の劣化(火葬炉の内壁の損傷など)を早める事になります。

そして燃焼バーナーから噴出する火力により、小さな遺骨は焼失してしまいます。 大きな骨も砕け散りわずかしか残らないことでしょう。

また高温になった燃焼台の輻射熱は、収骨の際に火傷などの危険を伴うことになります。

そういった危険を避けるために、通常(コンピュータの管理下)の燃焼後においても一定の冷却時間が設定されていてます。 高温にさらされた燃焼台を冷やすために、さらに余計な冷却時間を必要としてしまいます。

火葬時間が長くなってしまう原因の一つは、棺に納める副葬品でもあるのです。

質問:「病気だった箇所の骨の色は赤っぽくなる」というのは本当ですか?

結論を先に言いますと、それは「嘘」です。遺骨が変色するのは、 柩に収めた副葬品や燃焼する際に出た不燃物(化合物)が遺骨に 附着したものだと考えられています。

質問:「火葬している炉を見学することはできますか?」

申し訳ございません。火葬が無いときでも見学することはできません。
(見学の予約なども受け付けておりません。)